未分類

薄毛対策は高い?AGA治療の費用を徹底比較

毎日のヘアケアでは抑えられなくなったAGA対策。AGAは進行性のものなので、早めのAGA治療が大切です。しかしAGA治療にはどうしても高い費用がつきものですよね。自分に合ったAGA治療方法を選ぶためにも、今回は6種類のAGA治療の方法からその費用や効果を徹底比較します!

 

AGA治療は保険適用外

 

男性特有の薄毛や抜け毛の現象を指す「AGA(エージーエー)」。

その治療法には、市販で購入して自分でできるようなものから病院やクリニックで行うものまで様々な方法があります。

 

外部でAGA治療ができる場所は一般病院と専門病院に分けられます。

一般病院では皮膚科などでAGA治療を行っているところも多く、費用を抑えられるのが特徴です。一方、AGA専門の病院では費用が高くつきやすいですが、より精密で詳しいAGA治療が期待できます。

 

しかしAGA治療は病気ではないので、基本的には保険適用外。そのため高いAGA治療費用に困っている方は、できるだけ費用を抑えてAGA治療を行いたいと考えている方もいるかもしれません。

とはいえ、費用を抑えたとしてもAGA防止の効果が得られなければ意味がありませんよね。効果も発揮しつつ、費用的にも最適なAGA治療方法を選ぶにはどうすればいいのでしょうか?

 

そこで今回は、AGA治療として知られている方法を取り上げて、費用と効果について比較してみたいと思います!

 

 

内服薬を使う方法

最初にご紹介するAGA治療方法は、内服薬を使うものです。一般病院では1〜2種類しか処方してもらえないことが多いのですが、AGA治療の専門病院では複数の種類から患者にあった種類を処方してもらうことも可能です。

 

内服薬では、抜け毛や薄毛の原因となりうる「ジヒドロテストステロン」の発生に関わる酵素「5αリダクターゼ」を抑えることでAGA防止効果を発揮させたり、育毛に必要な成分を頭皮に補給したりすることでAGA治療を進めます。

 

 

費用の相場

内服薬のAGA治療の場合、初回処方と2回目以降の処方によって費用が異なります。

費用の相場は病院やクリニック、薬の種類によっても違いますが、初回処方で大体5000円ほど、2回目以降の処方では6000円〜10000円ほどになることもあります。

 

しかし他のAGA治療の費用に比べても比較的費用を抑えることができる方法です。

また、より内服薬の費用を抑えたいという方は、ジェネリック薬品を使う方法もあります。ジェネリック薬品だと、初回処方費用を1500円〜2000円ほど、2回目以降の費用を3000円〜6000円などまでに抑えることも可能です。

 

 

外用薬を使う方法

 

外用薬を使うAGA治療方法では、育毛に必要な栄養分を届けたり、頭皮の環境を改善させたりするための成分を頭皮に外部から振りかけることでAGA治療を進めます。

外用薬を使うAGA治療には、病院で処方される外用薬と市販の発毛剤があります。

 

 

費用の相場

病院やクリニックで処方される外用薬の場合、オリジナル開発された外用薬を処方されることが多いようです。

相場としては1ヶ月あたり大体15000円前後かかります。

 

また市販の発毛剤の場合、大正製薬から販売されている「リアップX5プラス」が挙げられます。1ヶ月分が大体7000円前後で手に入るようです。

 

 

育毛剤を使う方法

先ほどAGA治療の方法として市販の発毛剤については説明しましたが、より費用を抑えて手軽に始められる方法として「育毛剤を使う方法」もあります。

 

発毛剤は「実際に毛を生やす成分」が含まれている「医薬品」に指定される一方、育毛剤は「発毛を促進する」効果が認められているのみで、「医薬部外品」として分類されます。

費用面で他のAGA治療方法よりもより手軽にアクセスできるのはメリットですが、よりAGA治療の効果を発揮したい場合には少し遠回りな方法かもしれません。

 

費用の相場

育毛剤の場合には、薬局などで手に入るものからネット通販で手に入るものまで様々な種類があり、費用も商品によって大きく異なるのが特徴です。

単価で見ると5000円代〜1万円を超えるものまで幅が広がります。

 

ネット通販されている育毛剤の場合、最大の特徴は定期便にすると大幅な割引や特典を得られることです。

定期便の場合、初回購入が50%〜80%オフになったり、育毛剤と一緒に別の商品の試供品を得られたりすることがあります。

 

 

植毛をする方法

 

短期間でAGA治療の効果を得られる方法として「植毛をする方法」が挙げられます。

薬ではAGA治療の効果が得られなかったり、すでにAGAがひどく進行していたりする場合に選ばれることも多く、費用も高くなります。

 

植毛では自毛を使う方法と、人工毛を使う方法の2種類が主にあります。

自毛を使う植毛方法では、髪の毛の頭部などから髪の毛を引っ越しさせる方法を用いるので、全体的にAGAが進行している方は利用できない可能性があります。

一方で、人工の毛を使う植毛は全体的にAGAが進行している方でも行うことができ、比較的早く目に見える効果を得られます。

 

費用の相場

植毛の費用を見る際に、しばしば「グラフト」という単位を目にします。

「グラフト」というのは植毛する毛包の単位のことを指し、1000グラフトで大体60平方cmを指します。

自毛を植毛する方法では費用が高くなることが多く、治療する病院やクリニック、その植毛方法によっても1000グラフトあたり100万円〜200万円と費用が異なります。

 

人工毛を使った植毛の場合は、グラフト単位は用いずに移植する毛の本数を用います。

1000グラフトに値する毛の本数は大体2600本ほどです。2600本を移植するのに、大体35万円〜80万円ほどの費用がかかります。

しかし、人工毛には抜けた分の手直しとして長期的なメンテナンスも必要となることがあり、費用が逆にかさ張ってしまう可能性もあるので注意してください。

 

 

育毛メソセラピー

 

育毛や発毛に必要な成分を直接薄毛や抜け毛が気になる部分に注入することで、AGA治療の高い効果を発揮できるとして近年注目されているのが「育毛メソセラピー」です。

直接頭皮に注入することで副作用も少なく、安全にAGA治療をできる方法としても知られています。

 

費用の相場

育毛メソセラピーでは針を使って成分を注入する方法と、炭酸ガスの噴射などによって行う方法があり、針を使うかどうかで費用が大きく異なります。

針を使う場合の育毛メソセラピーでは、1回につき70万円〜80万円ほどかかることが多く、針を使用しない場合には1回につき20万〜30万と大きく費用が下がります。

 

育毛メソセラピーでは大体1ヶ月に1回の注入を6回行うことを推奨しているところが多いようです。

そのため最低でも6回分の費用を考慮しておく必要があります。

 

 

HARG療法

毛髪の再生治療方法としてもう一つ最近注目されているのが「HARG治療(Hair Re- generative Therapy)」です。

毛を生成するもととなる毛母細胞に直接働きかけるために、万能細胞として知られる幹細胞から抽出された成長因子AAPEなどを投入することで、毛髪サイクルを正常化させるAGA治療の方法です。

 

費用の相場

HARG治療は個人によって何回治療を繰り返すのかが異なり、1回で終わる方もいれば6回〜10回ほど繰り返す方もいるようです。

平均ではHARG治療1回につき10万円前後かかると言われています。平均では3ヶ月〜6ヶ月でAGA治療の効果を得られるそうですが、個人差があるので気になる方は事前に相談しておくことが大切です。

 

 

まとめ

 

AGA治療の方法は内服薬から先進医療技術を使った方法まで様々です。しかし費用を低く抑えられてもAGA治療の効果を得られなかったり、繰り返すことで逆に費用が高くついてしまったりすることもあります。

自分のAGAの状態をよく知り、適切なAGA治療の方法を策定することが大切です。まずは病院やクリニックなどでAGAの状態をチェックして治療法を選択していきましょう。