未分類

美容師も絶賛する髪のダメージケアに最適なシャンプー・トリートメント

カラーリングやパーマをすることが当たり前となっている現代では、様々なカラーリング方法やパーマの種類も増え、髪へのダメージも変わってきました。

年々強くなる紫外線も、髪に大きなダメージを与えます。

そんな現代における髪へのダメージを考え、髪を守るシャンプー、トリートメントとして話題になっているのが「守り髪」です。

様々な髪の毛に対する悩みから守ってくれる守り髪とは一体どんなシャンプー、トリートメントなのでしょうか。

 

守り髪の効果

パーマやカラーリング、紫外線からも髪を守り、補修もしてくれるという守り髪ですが、口コミの評価などを見ても、こんなに素晴らしいシャンプーとトリートメントが本当にあるのか?と疑いたくなる程の製品です。

どうしてそこまで評価が高いのかが気になりますよね?

そこで守り髪とは一体どんなものなのかを分析していきたいと思います。

 

髪の悩みの原因

パーマやカラーリングでダメージを受けた髪に、さらに紫外線で追い討ちをかけバサバサになった髪の人を街でよく見かけます。

あまりに傷んだ髪の女の人を見ると、疲れている感じが出てしまうからなのでしょうか?実年齢よりも老けて見えることが多くあります。

 

カラ—リングやパーマをした髪に、紫外線を浴びると「活性酵素」という髪のダメージの原因が発生します。

放っておくと髪のダメージはどんどん広がるので、美容院で手入れなどをしなければなりません。

しかし、そう頻繁に美容院に行くことはできませんので、自分で行うケアが大切になってきます。

セルフケアで重要なのがシャンプーやトリートメントですが、このシャンプーやトリートメントを間違ってしまうと、さらに髪や頭皮を傷めてしまう原因になります。

 

ションプーやトリートメントの重要さを理解している人たちが絶賛する製品。それが守り髪です。

 

守り髪の成分

守り髪には天然由来の成分である「アルガンオイル」「メドゥフォームラクトン」「シアバター」が配合されています。

 

良質な天然オイルである「アルガンオイル」は、抗酸化力に優れ、髪のダメージの原因である活性酵素の除去に効果を発揮します。

髪の毛だけではなくスキンケアなど全身に使える刺激の少なさで、かなりの希少価値があるオイルです。

 

「メドゥフォームラクトン」は髪の質感や手触りを向上させる効果があります。

きしみがちな髪や傷んだ髪でも、メドゥフォームラクトンにより、潤いのある質感の髪に変化します。

 

紫外線対策にはトリートメント効果が高い「シアバター」が配合されています。人の皮脂に近い成分は、アフリカでは万能薬として昔から使用され、炎症を鎮める効果もありますので頭皮にも良い効果があらわれます。

 

ほかにもアミノ酸系の成分があるので、髪への馴染みがよく保湿にも優れています。

オーガニック栽培の「ソープナッツエキス」は、もっちりとして弾力のある泡立ちを助け「ナノリペアー」は、アンチエイジング成分が配合されていて、切れ毛やパサつきの改善や、髪にハリやコシを与える効果があるようです。

 

これだけの成分が配合された守り髪の、実際の使い心地はどうなっているのでしょう。

 

守り髪の使用感

口コミで投稿されている守り髪の使用感としては

「泡立ちがよく、ローズ系の香りが上品で高級感がある」

「手触りがよく、髪がきしまない」

「セットがすぐ終わる」

などのほかに

「ノンシリコンなので心配でしたが、さらっとした軽い仕上がりです」

といった高評価が多く見られます。

 

シャンプー、トリートメントともにシリコンを使用していないので、パサつきを心配される人もいますが、シリコンは髪の表面だけを整え、一時的にパサつきを抑えた手触りをよくするだけなので、せっかく配合されている栄養成分が、シリコンのコーティングによって髪の内部に浸透するのを妨げてしまいます。

 

20代の女性に多く見られる特徴として、パサつき感の抑制が今ひとつというものが多いように見受けられます。

ほかにも髪の量が多い人にも効果が実感できない人がいましたが、守り髪は髪のボリューム感を出すのに適したシャンプーですので、髪質の細い人や柔らかい人、年齢を重ねて髪の毛の張りやコシが不足してきた人や、髪のボリューム自体がなくなってきてしまった人などが使用するのに適しているようです。

 

しかし守り髪を使用することで、髪にハリが出て健康的になりますので、髪の毛そのものには良いシャンプーと言えるでしょう。

何よりも使い続けることにより髪の内部まで栄養素が行き渡り、本来の髪の毛の質感や手触りが蘇ってくるのが守り髪の使用感での最大の特徴ではないでしょうか。

 

プロの美容師達の多くがおすすめする守り髪

毎日何人もの髪を手入れする美容師だからこそわかる良さが、守り髪にはあるようです。

一般の人ではわからない効果を、敏感に感じ取れる美容師の意見を参考にすると守り髪の素晴らしさがわかるのではないでしょうか。

 

「シャンプーだけでも髪がしっとりとしてきしむことがなく、コンディショナーをつけなくてもパサつかない保湿力があるので、髪がしっとりとします」

 

「洗浄力が高く、しっかりと洗っている感覚なのですが、しっとりとした感じもあるのでかなりバランスが良いャンプーですね。カラーリングやパーマを頻繁にする方には、ぜひおすすめしたいシャンプーです」

 

「配合されている成分が、髪にとってとてもよい成分ばかりなので、洗い流した後でも指通りが滑らかです。毎日使うシャンプーやコンディショナーとして使い続けると良いと思います」

 

毎日洗う髪ですので、しっかりとした見極めで自分にあったシャンプーやコンデジショナーを見つけることが、日々のセルフケアには重要です。

一番の基本的なシャンプー、コンディショナー選びに、美容師さん達の意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

正しいダメージケアの方法

正しいダメージケアが大切だということは、皆さんわかっているとは思いますが、正しい方法とはどういうものなのかがわからない人も多くいると思います。

 

まずは正しいシャンプーをすることからダメージケアは始まります。

シャンプーを行う前には、必ずブラッシングをして頭皮の汚れを浮かせます。

その後、シャンプーを使わずにたっぷりのお湯でマッサージをするように予洗いをします。

髪全体が濡れたところで、手のひらでシャンプーをしっかり泡立て、優しく指の腹を使って洗います。

 

髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うことが重要です。髪を洗うことによっておこる摩擦は、髪にダメージを与えてしまいます。

頭皮を洗っていることで髪の汚れは落ちますので、頭皮をしっかりと洗ったあとたっぷりのお湯で、毛穴にシャンプーが残らないようにしっかりと洗い流してください。

 

コンディショナーを使用する前に、タオルドライをして髪の水気を一度切ります。そうすることにより、髪の内側まで成分が浸透し栄養が行き渡ります。

毛先が一番古い髪なので、毛先を中心に塗りましょう。

トリートメントの場合には、上記の工程のあと、熱いお湯で濡らしたタオルを絞って髪全体を包んでください。

蒸気により頭皮と髪の毛が温まり成分が浸透していきます。

そのまま数分程度待ってからお湯で洗い流します。洗い終わったらタオルドライのあとにドライヤーで髪を乾かしてください。濡れたままの髪には雑菌が繁殖するなどのトラブルがありますので、必ずしっかりと乾かしてください。

 

一般店では手に入らない守り髪

これだけ効果がある守り髪ですが、大手ドラッグストアなどで売っているところを見かけたことがありません。

色々検索してみても、店舗に守り髪が置いてあるところの情報はありませんでした。

 

そうなると通販になりますが、特典や値段などを考えると、公式サイトで購入するのがベストだと思います。

公式サイトであれば安心ですし、お得なコースもあるので、継続して守り髪を使用することで生き返った髪を体感してください。